歯医者でホワイトニングして自分に自信がついた

私は、お茶が大好きです。

そのせいで、歯が茶色くなっていることを前から感じていましたが、特に気にしてはいませんでした。
お茶、紅茶、コーヒー、ワインなど、歯が茶色変色する飲み物を止めることもできないし、大好きだから好んでいますが、友達が歯のホワイトニングをしたといって、見せてくれましたが、あまりにキレイになっていたので、ホワイトニングに興味を持ち始めました。
でも、通っている歯医者もないし、どこに行ったらホワイトニングをしているかも分からなかったので、友達と同じ歯医者に行くことにしました。
初めて行く歯医者、初めてのホワイトニング。

ドキドキでした。

なぜなら、歯医者に通った経験がないし、歯医者のあの独特なにおいも苦手だったからです。
それが、友達と同じ歯医者に行ってみようと決めたのは、歯医者の独特な雰囲気を感じない院内だと聞いたからです。

半信半疑でしたか、中に入ると歯医者という感じはなく、サロンに来たようなきれいな待合室に驚かされました。
しばらく歯医者に来ていなかったから分からなかったけど、今どきの歯医者ってこんなにきれいなんだと感じさせられました。
担当してくれたのは、若い女性の医師でしたが、私が歯医者に対して不安だと言ったら、ホワイトニングの説明を丁寧にしてくれました。
ホワイトニングは、抜歯や削ることはしないということ、薬剤の主要成分は安全が保証されているものを使用していること、ホワイトニングの回数などによって色や明るさが決められること、治療期間の相談もできることや、本来話したくないであろうデメリットの部分である、まれに知覚過敏が起こる可能性があることや、人工の歯はホワイトニングができないこと、ケアによっては効果が短いことなども言ってもらえて、安心して治療することができました。

私は自然な色にしたかったので、色を見ながら行うことにしたんです。
毎回行く度に歯がきれいになる嬉しさもあり、通う楽しみも出てきました。
自宅でもホワイトニングケアを行うことで、白さも継続できるので、ホームケアも一緒にしています。
歯がキレイに白くなって、堂々を人前で笑うこともできるし、また歯が美しいねと褒めてくれる人もいる程。
これだけで、自分に自信がつくなら早くから始めていれば良かったかなという後悔もありますが、友達が教えてくれなかったら知らなかったので、今では友達にものすごく感謝しています。
私に教えてくれてありがとうね。